アートフラワーを使った様々な演出方法

アートフラワーが生まれたことによって、様々な四季の花をいつでも最高の状態で見ることができ、維持にかかる手間もなくなりました。こうしたアートフラワーは手軽に飾ることができるので、様々なビジネスシーンの演出に最適です。こちらでは企業でのアートフラワーの活用方法についてご提案いたします。

スタッフの癒しの空間を演出

殺風景な社内では息苦しさを感じ、仕事にも支障を来してしまうのではないでしょうか。アートフラワーは造花ですが、社内に飾ることで小さな癒しの空間を演出することができ、リラックスして仕事をすることができる空間を作り出します。また、会話のきっかけにもなりスタッフ同士のコミュニケーションが活発になり、より効率良く仕事をすることが可能です。

企業イベントの演出

人は色や形から様々な情報を得ており、その視覚情報をもとに様々な判断を下していることが多いです。新商品や企業自体を強く印象付けるためには、こうした色や形などの視覚効果を効果的に活用することが重要になります。様々な色や形を持つアートフラワーを使って企業様の周年イベントや新商品発表イベントを演出することで、商品の持つイメージがより伝わりやすくなります。

四季の花で販売促進

花にはそれぞれ四季があり、花を使うことでその季節ごとのイベントに関連付けやすくなります。例えば、ヒイラギやポインセチアを見れば冬やクリスマスを、桜や梅の花を見れば春や入学・入社を連想してしまいます。こうしたイメージを利用し季節のアートフラワーを飾ることで、その季節に関連した商品の販売促進に繋がる空間演出をすることが可能です。

芦屋市にあるシーズウィッシュでは、企業様や法人様向けにアートフラワーを使ったオブジェディスプレイの作成、レンタルを行っております。アートフラワーを使ったオブジェやディスプレイを活用することで、仕事の効率化を図ることや、より効果的に商品や企業の宣伝をすることが可能です。

また、フラワーアレンジメントの技術を学べるレッスンや、生花のブーケやフランス雑貨の販売も行っております。この機会にアートフラワーで様々なビジネスシーンを演出してみませんか。